So-net無料ブログ作成
検索選択

菅首相誕生へ 「党の顔ふさわしい」近畿の民主歓迎 自民冷ややか(産経新聞)

 民主党新代表に決まった菅直人氏について、民主、自民両党の各府県連関係者からはさまざまな声が上がった。

 民主党は評価する声が相次ぎ、大阪府連幹事長の土師幸平府議は「菅氏は民主党を再生させたいという思いがある」としたうえで「沖縄問題や政治とカネの問題も必ずしも決着がついたわけではないが、今回の代表選を受けて最悪の状態だった支持率も向上につながるのではないか」と話す。

 同党兵庫県連の越智一雄幹事長も「要職を歴任し、経験も豊富。与党としてしっかりした運営を任せられる。誠実に国民目線で取り組んでほしい。一番納得いく結果ではないか」と、ほっとした表情。

 「参院選にもいい影響がある」と評価するのは、同党京都府連の山本正幹事長。「国民の期待に応えられる最もふさわしい人が選ばれたと思う。結党以来、民主党を支えてきた経歴やリーダーシップなど、党の顔として大いに期待できる人だ」とし、「代表も大事だが、マニフェストの実行や、しがらみのない政治の実現という結党の原点に返る姿勢がなければ、国民の理解は得られない」と指摘した。

 一方、自民党関係者は一様に冷ややかな反応をみせた。

 同党大阪府連幹事長の横倉廉幸府議は「民主党の支持率低下の原因を鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長2人の責任にして、代表の顔が変わっただけ」と厳しく批判し、「鳩山首相は政界引退の意向を示したのだから、小沢幹事長にも引退を迫るべきだ。裏で小沢支配は続き、民主党の本質は変わらない。支持率は上がり、選挙に影響はあるだろうが、本質は変わっていないと訴えていく」と話した。

 自民党兵庫県連の五島壮幹事長は「世代交代、刷新を訴えた樽床伸二氏の得票はあまり伸びず、無難な結果に終わったという印象。有権者にとっても『これで民主党は変わる』とは映らないだろう。ご祝儀相場で若干支持率が上がっても、インパクトを与えるほどではない」と、淡々と話し、参院選については「わが党はまだ苦しい状況。とにかく地道にひたむきに、一生懸命やるしかない」と話した。

 「菅さんになっても、小沢さんの影があることは間違いないと確信している」というのは、自民党京都府連の多賀久雄幹事長。「清新というイメージは感じられない。民主党の『政治とカネ』の問題が、解決したわけではなく、その問題から逃げただけ。自民党は引き続き、『政治とカネ』の問題を追及していきたい」と語った。

<山岳遭難>千葉県浦安市の男性と連絡取れず 北アルプス(毎日新聞)
鳩山首相「正確に言うとまだ総理で…」(産経新聞)
鹿児島・奄美で震度3(読売新聞)
「自分の力不足」 閣議で鳩山首相(産経新聞)
「人間としてつぶやきたい」=ツイッターで辞任報告―首相(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。